ボツリヌス菌

感染後8~36時間の潜伏時間の後に、食中毒(吐き気、嘔吐など)、便秘などの症状を引き起こす菌で、特に倦怠感、脱力感、めまいといった症状を示すのが特徴です。 症状が進むと、意識はしっかりしているのに二重に物が見えたり、言葉が出にくくなり、時には、おしっこが出なくなったり、歩けなくなったりすることもあり、適切な治療を受けないと食中毒では死亡率が30%以上といわれる猛毒のボツリヌス毒素(神経毒)を作るからです。重症になると呼吸困難で死亡する場合があります。