吸引法

わきが・多汗症の治療法のひとつ。ワキの下の皮膚を数ミリ切開し、そこからエクリン汗腺やアポクリン汗腺を吸引する方法で、匂いの程度が軽い場合や、傷を出来るだけつけたくない場合に適しています。

皮膚の生着も早く、傷跡もほとんど残らない点がメリットですが、デメリットは不確実なために再発の可能性がある点です。