皮膚切除法

わきが・多汗症治療のひとつ。最も古くから行われている施術法で、ワキの下の臭いの原因となる有毛部の汗腺や皮脂腺、または毛根を皮膚ごと切り取るといった施術です。傷が大きくなることと、辺縁部に取り残しを発生してしまうなどの理由で、ほとんど行われていない方法です。